トイレつまりを解決

トイレのつまりトラブルになったら、まずは焦らず状態を判断しましょう。ラバーカップを用いて解決できる場合もありますので、落ち着いて対処してください。ラバーカップで吸っても流れないとしても、少し時間を置いてつまりが水に溶けて解消することもあります。それでも解消されない場合は、すぐに水回り専門の修理業者に連絡して来てもらう必要があります。いつか流れるだろうと無理をして使用し続けると、つまりがもっと悪化してしまい、便器から汚水が流れ出てしまう可能性も出てしまいます。そうなる前に対処しなければいけません。

トイレのシステムもどんどん多様化し、複雑になっています。知識もなく対処しようとしても、逆に使えなくしてしまう可能性もありますので、ここはやはり専門家に任せることが賢明です。

トラブルが起きた時にどこに依頼するか、実際トラブルが起こった時に落ち着いて対応できるよう予め決めておくことをお勧めします。ネットで検索すると沢山の水道業者が出てきます。費用や対応エリア、時間帯、口コミ等を参考に検討されると良いでしょう。また、電話帳でも地域の水道業者を探すことができます。最近は無料見積や電話で無料相談できる業者も増えていますので、利用されると良いでしょう。

トイレが詰まる原因

毎日水を使い、下水に流すというシステムで生活の中で水は循環していますので、全ての水回りにおいて排水つまりは起こりやすいトラブルです。特にトイレは必ず何かと一緒に水を流しますので、トラブル頻度も高くなります。つまりの原因を知って、日頃から原因をなりそうなものを極力流さない心がけも大切です。

トイレに流してしまいがちで、実は流してはいけない代表的なものと言えばティッシュペーパーです。トイレットペーパーと異なり水に溶けにくい性質の為、用途は似ていても全く異なる素材になります。生理用品や紙おむつも同様で、つまりの原因になってしまいます。また、トイレットペーパーやトイレに流せるペーパークリーナーはトイレに流せる性質ではありますが、ゴミ箱に捨てるように大量に流してしまった場合は、つまってしまう可能性が高くなりますので、適当ではないと判断される量は流すべきではありません。

トイレのつまり予防は「流れにくいものは流さない」ことに尽きます。水溶性ではないもの、明らかに流れにくい量とわかるものは、無理に便器に流さないようにしましょう。長い年月、毎日使う場所ですので、快適に過ごす為にも大切に使用するように心がけましょう。

水回りのトラブル対処

キッチン、お風呂、洗面所、トイレ等の水回りは、家の中でも毎日使う場所の為、いつ何時トラブルが発生するかわかりません。排水つまり、水漏れ、水が出ない、水が止まらない等トラブルの場所も内容も様々です。そのトラブルは目に見えない場所で起こっていることがほとんどですので、素人では対処できずに慌ててどうしてよいかわからなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。しかも、緊急トラブルになるともうお手上げです。また、設備や部品の劣化等が原因の場合は交換以外に方法もありませんので、こればかりは事前にメンテナンスする以外に防ぐ方法がありません。

水回りトラブルで困った時は、やはり専門業者である水道の修理屋さんに依頼する手段が一般的で、かつ迅速で的確な対処と言えるでしょう。大したトラブルではないだろうと軽く見ていたら、実は後々大きなトラブルになってしまう可能性がありますので、ほんの少しの水漏れや、使用していて少し違和感があるだけの場合でも、早め早めの対処をしておくことをお勧めします。事前のメンテナンスをしておけば毎日安心して生活することができます。

水回りのトラブルで一番多い相談は何かご存知でしょうか。それはトイレのトラブルです。やはり日常生活で一番使用頻度の高い場所になる為、排水詰まりや水漏れ等が発生しやすくなります。トイレが使用できない状況は人に大きなストレスを与えますので切実な問題です。トラブル対処の為にも、原因、対処法、業者の選び方等ご紹介します。